2014年04月02日

飯塚事件の再審請求を棄却(2014/3/31)

2014/3/31の飯塚事件の再審請求を棄却について
ちょいと書いてみました。
ちょうど袴田事件のニュースと同時期です。
良かったら読んで下さいね。
ジュゲムブログ「テレビ番組報告http://terebiban.jugem.jp/?eid=87」です。
よろしくー。
【関連する記事】
posted by まっちゃん at 23:17| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

飯塚事件:死刑執行された男性“私はやってない…”工作された重大な証拠

2013年4月11日(木)18字35分頃日本テレビnews everyにて
かの有名な飯塚事件のことの放送をしていました。
私も足利事件以降気になっていた事件でした。

飯塚事件については
あれはやはり真犯人と思っていました。
ところ今日の放送でびっくりしてしまいました。
えーっ!
それはDNA型の写真について放送していました。

タイトルはテレビ番組表にあったものをコピペしました。
そのDNA写真ではカットされた部分に第三者のDNAが写っていたそうです。
つまりこの部分が真犯人の可能性もありうるということでした。

んー!

当初DNA鑑定が登場した時、当時いやな予感がしていたのですが・・
つまり冤罪の人がでそうな気がしていました。
実際足利事件で結果的には私の勘は当たってしまいました。
今回の飯塚事件は最後まで冤罪を叫んでいたそうです。

まさか・・、まさか・・。

最悪無実の人を死刑なんてこと・・?
もしもそうだとしたら、これはえらいことですよー!!
徹底的に逃げないで調べていただきたいと思います。
本日は2013年4月11日ですが
以前書いたブログもリンクしておきます。
ふー・・・。
疲れてきました。
ネットでショッピングに当時5回、そしてテレビ番組報告にて書きました。

この事件は決着していたかと思っていたが
日テレさんたいしたものだ。
テレ朝も、TBSもたいしたものですが・・
今回は日テレさんでした。

はたしてどう今後展開していくのやらです。
イギリスの無実の人を死刑した事件もありましたが
やはりというか、ついに日本でも・・か?

そういえば和歌山カレー事件という
直接証拠のない事件もあったっけ。
直接証拠がないというのは問題だな。
なぜならば過去直接証拠のない事件は冤罪というケースが過去あったからです。

・・どうなるのだろう。

まぁ、このままでいけば死刑だが・・。
たしかに偶然が重なるということはたしかに
たけしのテレビ等をみているとあり得る話だからなー。
もしも私が裁判員だったら、直接証拠を見せてくれ
というだろうな。
カレー事件は裁判員裁判ではなかったけどね。
裁判員裁判で私が裁判員であったとしたら言うだろう。

司法もあてにならないからなー・・!
警察・検察もでっちあげというのがよくあるからなー!
信用したいけど、でも、信用できないなー!
警察・検察・裁判所の癒着か・・・・・・・
日本も(中国などの)他国のことは言えないなー・・・。

話は飛んでしまったが
これで
本日はおしまい。

PR:ネットショッピング専門店街は姉妹サイトです。
よろしくね。お役立ち情報もできるだけ努力して書いています。
posted by まっちゃん at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 冤罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

就職・転職をしようとしている皆様へ〜採用試験編〜

これから就職・転職をしようとする学生の皆さん、社会人の皆さんへ

就職・転職って大変ですよね。
就職・転職に際しては採用試験というのがあります。
ほんの少しばかりですが
就職・転職に関して採用試験についての情報をここで述べたいと思います。

◎ フジテレビ「ホンマでっか!?TV」より 
;砂山擴三郎氏(就職時間差試験)からの情報です。
砂山擴三郎氏の発言したセリフは 就職試験を受ける場合、
時間差をつけて入りたい会社に履歴書を送るという方法らしいです。
私は社会人経験をそれなりにしてきた人間ですが
この方法はたしかにずーと昔からありうる方法でした。

私はしたことはありませんが 昔から聞いていた方法でした。
新入社員は入社後即やめてしまうこともありうるので この方法もありうるのかもしれません。

(以上、姉妹ブログ「テレビ番組報告」より) 
 
◎ 私個人の経験から、転職者の皆様は職務経歴書の書き方を学びましょう。
大きいですよ。
以下省略・・(下記続きのところには記載されています)

◎ 採用試験:面接は採否を決定しますのでかなり大切です。
他に、質問紙法、投影法(ロールシャッハ・テスト)、作業性格検査(クレッペリン・テスト)、
知能テスト、職業興味テスト、職業適性テストがあります。

○ 質問紙法(心理テストで人をみる方法);
セールスマンという言葉でどういう響きがありますか?
私は外交的だから、あるいは私は内向的だから・・営業に向いているとか向いていないとか。
営業マンになりたいとかなりたくないとかあるかと思います。
これから述べることは最近のデータでないのであらかじめお断りしておきます。
ただ参考になるかもしれません。
某自動車販売店のセールス上位者には、内攻的性格者が多いということです。
セールスマンに内向タイプが不向きというのは迷信に近いことがわかります。

以下、続き(ネットショッピング専門店街の就職・転職・副業・仕事・採用試験のページに)ます。尚、「ネットショッピング専門店街」アップロードしたばかりの場合、即、各ページにアップロード内容が反映されないことが多々あります。ですから、各ページの空白部分をポイントしていただき、右クリックして「最新の情報に更新」ボタンを押していただきますと、アップロードしたばかりの最新のページとなります
posted by まっちゃん at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

安全ドライブ(安全運転)をするには・・

皆さん、ドライブ 楽しんでいますか〜?

以下、
安全ドライブ(安全運転)をするには・・というタイトルで、
少しでもお役にたつことができればという思いで
書いてみました。
よかったら、読んでね。

仕事や遊びなどで車を利用する人が多いことでしょう。
今回は安全運転をするにはどうしたら良いか書きたいと思います。
それは、一言でいうと
疲れたら走行をやめて体を休ませることです。
また、出来るだけ疲労をさせない運転を心がけることです。
当たり前〜 ! ・・ですね。
当たり前ですが、あえて書きました。

そもそも、運転時の疲労とは?
車の運転は、主に視覚を使った認知・判断・操作という頭脳作業です。
ですから、運転疲労の大部分は、精神疲労になるわけです。

運転疲労を出来るだけさせないように運転していくのが理想です。
・・・続く(ネットショッピング専門店街の安全ドライブ(安全運転)のページへ)
posted by まっちゃん at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

ウインドウズアップデート エキサイトメール IE9の動作の停止 システムの復元

タイトルは、
ウインドウズアップデート エキサイトメール IE9の動作の停止 システムの復元
・・・としました。
ホント、困ったしまった私でした。
詳細は
このブログに書こうかと思ったのですが、
ここしばらく、
姉妹ブログ「ネットでショッピング」に書いていなかったので
上記ブログに書いた次第です。
少しでも皆様のお役にたてればという思いで書きました。
良かったら、読んでね。

はぃ、「ネットショッピング専門店街」のまっちゃんでした。
posted by まっちゃん at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

いじめられているあなたへ

今回のこのブログは
いじめられている子供さん向けとしています。
もしも、このブログを読んでいる
いじめられている貴方(あなた)へ
姉妹ブログ「テレビ番組報告」に記載しましたので
大人の、いちアドバイスとして読んで
くれればなーと思い書きました。
いじめられているあなたへ
応援していますよー。
posted by まっちゃん at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

洗髪方法

今日は洗髪方法がタイトルです。
皆様は洗髪をするのにどうやって
髪の毛を洗っていますか?
書きました。
・・・といっても、このブログではありません。
本日は下記サイトのあるページに
(つまり、姉妹サイト「ネットショッピング専門店街」の「入浴・バス・洗髪・洗髪方法」のページです。)
書きました。
洗髪に、洗髪方法に興味のある貴方様是非読んでみてね。


posted by まっちゃん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

大腸内視鏡検査が嫌な方に朗報です。それはCTです。

タイトルのとおり、
内視鏡による大腸検査が嫌な方って多いかと思います。
姉妹ブログ「健康・病気・介護・福祉情報」に書きました。
見てねー。

PR:姉妹サイトもよろしくお願い致します。
ネットショッピング専門店街の検査郵送・健康チェック・検診 のページです。
posted by まっちゃん at 08:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

新ブログを作りました。タイトルは「ためになるいい加減報告」です。

このたび、新ブログを立ち上げました。
ブログ名は「ためになるいい加減報告」です。
よろしくお願い致します。
posted by まっちゃん at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

東電OL殺人事件

東電OL殺人事件について
コメントしました。
よかったら、読んで下さい。
ブログ「テレビ番組報告」です。
posted by まっちゃん at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

美容・健康専門店の広告素材の貼り付けの巻

本日は、美容・健康関連の広告素材を
せっせっせとアップロードしていました。
本日は半日かかってしまった。
美容健康に興味がある貴方様
よかったら、下記サイトにお立ち寄り下さい。
ネットショッピング専門店街 内の 美容・健康のページ です。
タグ:美容 健康
posted by まっちゃん at 18:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

NPO法人・市民団体・社会福祉法人・学習ボランティア団体をアップしました。

NPO法人・市民団体・社会福祉法人・学習ボランティア団体をアップしました。
よろしかったら、見てくださいね。
サイト案内板の「テレビ・新聞等にあった・紹介されたNPO法人・社会福祉法人・公益社団法人・独立行政法人」のページに書きました。
よろしくね。

姉妹サイトもよろしく:
レトルトカレー通販カレーナ 
posted by まっちゃん at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

死刑・死刑制度のアンケート

死刑制度について
日本国民の多数の人が賛成といいます。
提案なのですが
その死刑制度について、
アンケートをする時
国勢調査でもかまわないのですが

アンケート回答者の背景、
つまり、
職種別、業種別、会社員・公務員・自営・自由業等別、学歴別、性別、年齢別、年代別、性格別、都道府県別、年収別、上流・中流・下流階級別、家族構成別、既婚・未婚、中学生・高校生・大学生・大学院生・社会人別、鳩派・鷹派別。
変わった観点・角度からはきれい好き別、体型(太め・痩せ・筋肉質別)別、体育会系・文科系別、S系M系別、喧嘩っ早い・大人しい別等々

さらに、心理学的分析もすると良いかも・・。
体型別ではクレッチマー(クレッチマル)という心理学者もいました。

それも発表したほうが良いかと思うのですが・・。
それと、賛成・反対の気持ちが変わったとしたならば
それはいつ頃、と、理由とか・・
これって、データとしてはけっこう面白いかと思うのです。
いかがでしょうか。

まぁ、これは
アンケート実施会社向けお願いということになりますが・・。
posted by まっちゃん at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

死刑制度:死刑;耳かき店女性従業員殺人事件 死刑求刑(死刑制度) 裁判員にならない方法(辞退)? 死刑執行官の苦痛(刑務官)

東京地裁・・

耳かき店女性従業員殺人事件で死刑求刑・鹿児島老夫婦殺人事件



裁判員としてはかなりのプレッシャー・・
おまけに、後々守秘義務があるということで墓場まで背負っていく。
うつなどの病気は人に話すことにより治っていく部分もありますが、
それもできないとなると・・。
あっ、フラッシュバックという病気もありましたね。

裁判員はしない方がよいなー。

当然です。

死刑に賛成したとするならば合法的ですが、間接的殺人者になるわけです。
人によっては、あの時は・・・、感情的に賛成とした人であっても
その後の裁判の終わった後の、
人生で・・いつまでくよくと悩む人も出てこないとも限りません。

だから、死刑賛成論者が裁判員になればよいのかもと思ってしまうのです。
理由は、死刑賛成論者の場合、もともと死刑には賛成なので
病気にかかりにくいかと思った私でした。
死刑は何をするのかを知っての上での(子供でない大人の)賛成論者なので
病気にはなりにくいかな・・と思ってしまったのです。
そうでないと、つじつまが合わない。

裁判員とは、今までのように裁判官だけが決めるのではありません。
裁判員も含めて決めるので、死刑賛成論者であれば病気になるのはおかしい、

死刑賛成なのですから・・。
(合法・非合法・・となりますが
結論からいうと、(理屈は抜きですよ。言い出すときりがありませんので。)
どっちにせよ、人殺し賛成となるわけです)
病気になるわけがないと思っています。
・・でないと、つじつまがあわない。

と思ってしまった私でした。

( 千葉景子元法務大臣は死刑執行のサインをして
後、執行の時、現場をみたそうです。
サインのその責任からかと思います。
死刑制度には反対の立場の大臣でした。
あまんじて、見届けるのは勇気のいることです。
ある面、りっぱです。
見るのはつらいです。
まして、反対の意識のある人であったので・・。

裁判員も死刑に賛成した人は
千葉元大臣同様そのくらいの責任感のある信念・勇気のある人がいたら良いかと思っています。
もっといえば、死刑執行のボタンを押すくらいの勇気・信念・・。

イヤな仕事・・。ボタンを押す仕事レベル・・。
直接の(合法的)殺人・・。
そのくらいの責任感、人を殺す決断をした時の重大な責任・信念。

他人まかせ、つまり、死刑執行のボタンを押す刑務官まかせでなくて・・の責任感。

どうせ私が殺すのではないし〜。だから、まっ、いいかでは困ります。

躊躇しながら、死刑執行のボタンを押すことが出来る人もいれば、
「ダメだ」と、全く出来ない人もいます。
かと思えば、
「簡単。他人事だもの。自分が殺されるわけではない。私も悪だが、そんなの関係ないや」と躊躇なく、死刑執行ボタンを押すことができる人も多数いるかと思います。

人を殺すということは大変なことです。
殺し屋(役)は大変なことです。

人を殺すということは、正直なところ、気が変でなければできません。
正常な精神状態ではできません、と私は思います。
出来るとすれば、ゴルゴ13・メカニック(=チャールズブロンソン主演)なみのプロです。

いくら殺すのが慣れている(?)
(あえて殺し屋の(役の))刑務官
(ごめんなさいね。ある面りっぱです。
でも、私は度胸がないので、自身はイヤなのでそこまでしても・・という気持ちで
退職してしまうでしょうけども・・)
といえども、けっこうつらいだろうなー。

ここでリンク→死刑の現場

・・・
彼(=刑務官)は死刑についていう。「人間としてこんなに恥ずかしい制度はないと思う。」
・・・
いかにも、実際の現場にいる人間らしい発言。

(つらかったろう。いくら仕事とはいえ・・。
それこそ、自分は関係ない・・。)

・・というより、いくら仕事とはいえ苦痛なのかもしれません。
定年後、○○の数を殺ってきたな・・・。
手が汚れきった・・
と思うかもしれません。
まるで、本当の殺し屋と錯覚して思っていても不思議ではありません。

私だったら、かなりの苦痛です。
簡単に死刑・・というけど、
人を殺すことがどんな合法的理屈であろうが、結論から言うと殺すことにかわりはない。

そういえば、テレビ朝日の警察ドラマ「相棒(水谷豊主演)」がありますが、
そのドラマの「午後9時30分の復讐」での話の中で、
杉下右京刑事(水谷豊)が、「君は善人者であろうが悪人であろうが、命は同じなんだな」と
いうニュアンスのことを言われる場面がありました。
この相棒というドラマ・・
ドラマでも漫画でもいろいろなテーマというのが見えない部分で
ありますが、「命は誰しも平等」がテーマと感じ取った次第でした。

話が飛んでしまった。

・・・
いかに精神的に苦痛か・・。
「命令した人に対して、お前が自ら殺れ」と言いたい気分になるかもしれません」。

命令する人(もうおわかりのとおり、複数います)は簡単。

「はい、死刑、ね。法律なんだから・・。
たとえ、仮に、仮に、仮にですが・・、
冤罪であったとしても、そう犯罪者と決まったのだから・・。その人権はなしで〜す。

・リンク→ 鹿児島夫婦殺害の無罪判決について
・リンク→ 日本国憲法36条

はい、これで円満。円満解決で〜す。被害者の家族もこれで満足でしょう。
はい、おしまいで〜す。
私(死刑執行を決めた人)は偉いので〜す
文句は言わない!中国
(死刑執行世界第1位の国=たしかにこの国は世界中の各国を見て比率的しても圧倒的に多い)
よりははるかにましでしょ。殺される人は少ないのだから・・」。

裁判官や検察官からは、「今の法律

(= 国民の多数は死刑制度に賛成している(死刑賛成・反対のアンケートに関して、国勢調査でも通常のアンケート調査においても、回答者の背景も発表したら良いとと思います。例えば、職業別・学歴別・家族構成別・仕事の業界別・・等々。職業別ではこの職種の人が死刑賛成とか反対とか、学歴別では高学歴だと死刑賛成論者が多いとか逆に少ないとか、知識人ほど死刑賛成論者が多いとか、逆に少ないとか・・。これって、けっこう面白いと思います。いかがでしょうか。))

(この死刑制度という法律、戦後、当時のアメリカがからんでいる説もある)がそうなっているのだから、しかたがないでしょ。それに沿っているのだから・・。((法律に沿って)殺すのも)仕事だし・・。せっかく難しい試験に合格してきているのだし・・ね」

(「昨今の検察の改ざん事件はとりあえず別としてだよ」)と、
言いそうな気がしますが・・。

まるで、評論家だ、と私は思ってしまいました。
実際に現場にたって、人を殺すのがいかに大変!なことであろうか。
言いだしっぺ(命令者→誰かはご想像にお任せします。)が殺ればいい、
と刑務官の気持ちをさっしてしまいました。

リンク:スタンフォード監獄実験(誰しも力・権力を手に入れると変わるという結果が出た実験)
・・・たしかに、何も看守と受刑者との関係に限らず、私たちの身近にもたしかにあります。
親会社と下請け会社の関係もそうかもしれません。

昔、学生時代に法律の授業を受けていたことがあるのですが、
その先生は「私は過去死刑の求刑をしたことがある」と言っていました。
別に、その求刑自体は法律に沿っているのでなるほどということなのですが、

問題は、その感情的部分でした。

自慢げに私には聞こえたのです。

もちろん、本人は、そうではなかったのかもしれませんが・・。

私には、そう聞こえてしまったのです。

犯罪者をこの世から抹殺するにも、
法的には・・やむおえないという事情から、決断を下した。
というのならば、それほどいまだに記憶に残っていなかったのかもしれません。

ですが、記憶にいまだ残っているのは、死刑判決を自慢げに言っていたという
印象が強くあったからだと思っています。

自慢にはならないよ!、と当時思ったものでした。

ちなみに、成績はおかげさまで(?)、良いとはいえませんが、悪くはなかったです。

今になってみると、上記、スタンフォード大学の
監獄実験の結果そのものなのかもしれません。


以前、たぶんテレビ(?)だったかと思うのですが、
人を殺すのはイヤだ、と聞いたことがあります。
あたりまえです。当然と私は思いました。
たぶん、元、刑務官だったのだろうな・・。

もしも、私が死刑執行のボタンを押す刑務官だったら、
生活の為、死んでくれと思うのだろうかなー・・?
そうでも思わないと出来ない。
酒でまぎらわすのだろうな。

どういう経緯で刑務官になるのかは私はわかりませんが、
単なる警察官は良しとしても、人を(仕事とはいえ)殺す刑務官にはなりたくないなー。
ボタンを押すならば、その決断・命令をした人が殺ればいいと思うかもしれません。
あるいは、上司の命令だから・・と思って無理やり自分に言い聞かせて
生きていくのかなー。

まぁ、人間は慣れる生き物なので・・、
(たとえ、合法的殺しであろうとも(=死刑))慣れたくないものだ。実際はどうなるのだろう。
刑務官などの経験者でないとその実際・気持ち・精神状態はわかりませんね。

いい例が、ある国・・。
旧イラク、ミャンマー、北朝鮮、中国とありますが・・、
他にもあった。
ウィキリークス(WikiLeaks)(グーグル翻訳等を利用すると日本語訳で読める)が有名になった
アメリカによる民間人の機関銃による殺害(ユーチューブでは「担保殺人」で調べると出てきます)
「子供がいる。こんなところに子供を連れてくる方が悪い。ファイヤー。ダダダダ・・発砲」

この動画を見て、全く心が揺らぐことのない人、他人事と思う人、Sっ気のあるちょっと異常ですが、異常な目をしてニタニタと笑うことができる人は死刑求刑の可能性のある裁判での裁判員は務まるでしょう。

昔、「人の命は地球よりも重い」という言葉を聞いたことがあります。
上記リンクした中で、死刑について 最高裁での判決が、昭和23年(古っ!)にあったそうです。
これによると、死刑は残虐な刑罰か、というもの。結果、残虐でないということだそうでした。
私個人的には、人を殺すのはどんな方法であれ、残虐であると思っています。
まぁ、がんなどの安楽死においては「ん〜・・・、ん〜・・・??」ということで、自分の頭の中では結論は出ていませんが・・。

薬で殺すというのも苦しいという説もあるし・・。

ここまで考えてくると、あー、イヤだなー。
想像したくない。
でも・・。
必要な部分かもしれない。

裁判員となれば、ここまで想像するような気がします。
裁判員になっていない現在でさえも
ここまでも思ってしまう私でした。
・・なので、裁判員になったならば
どう想像力がふくらむやら・・。

ヤレヤレ・・。
いらぬ、想像はなし、と自分で言い聞かせないと・・。
自身の健康維持のためのも!と思ってしまった私でした。

・・とはいえ・・、
・・・

殺し方(=死刑のこと)はどうやってするのかな?
手術の時と同じで全身麻酔してからか・・。
テレビで見るとそういう場面は出てきませんが・・。
そりゃそうでしょうが・・。
方法までは公開されていないので、当然といえば当然です。
最近処刑場が公開されたくらいです。

処刑(=人を殺すこと)も慣れるものかな?
殺すのも慣れてくるものであるのか?
動画を見ているとそう感じなくもない感じです。
慣れなくても、自分に何らかの言い訳を自分に言い聞かせながら
するんだろうな。

昔の日本軍隊もそうだったのだろう。

たとえ、合法的(国によって、その判断基準はいろいろでしょう。旧イラク、ミャンマー、北朝鮮、中国・・等々)であろうとも、人殺しはしたくないものだ
・・と私は思いますが・・。

日本は世界で13位(?)だったかな死刑執行の国です。
野蛮な国は処刑が多いと思っています。
今の日本は野蛮な国とは思ってしませんが・・。
昔はかなり野蛮な国と思っています。
ちなみに、先進国11か国中(中国は入っていません)、
2か国の日本とアメリカ(州によって違う(リンク:死刑執行の州は少数。尚、1972年連邦最高裁では死刑は憲法違反との判断らしい))が死刑制度がある国です。
(テレビ朝日「お試しかっ!&Q様&お願い!ランキング傑作選より」)

かなり!

しかし、その根底に流れる血は、野蛮な国かもしれません。
ふだんはおとなしいかもしれませんが・・。
知人の中国人・韓国人に過去聞いたところ
日本人の男性はおとなしい・・と。
んー、そうかもしれません。他国に比べると・・。

しかし、世界の死刑制度という観点からすると
遅れている国、旧江戸時代とまでは言わないが
あいも変わらず・・進歩なしと思ったりもしてしまうことも
正直なくもないではないです。

まぁ、イギリスあたりはエバンス事件
(冤罪であったが死刑となった事件=無実で人が殺された(=死刑)事件))があったので
急激に死刑制度廃止は納得がいきましたが・・。
さて、日本では冤罪で表向き死刑はなさそうです。
実際は・・・??。

帝銀事件というのもありましたね。

・・が・・、

飯塚事件(足利事件当時の例のDNA鑑定による死刑執行)(飯塚事件のDNA鑑定の技官は足利事件と同様の技官)はとてもくさい部分
(足利事件は死刑まではいかなかったのが、結果的に今日幸いに転じた)はありますが・・。
証拠が消されているかもしれないのでもしかしたら、冤罪事件である可能性も否定できません。
・・と私は踏んでいます。まぁ、・・かもしれませんという、けっこういい加減な、憶測・直感ですが・・。言い方を変えるとデタラメともいえますが・・。自分で言っているので世話ないけども・・ね。)

リンク:検察の岐路;検事が取り調べ中に暴行・逮捕 「まず調書ありき」

リンク:医師の責任と裁判官(検事)の責任

上記リンクでは、医者(ドクター・医師)が仕事として誤って人を殺してしまった場合は罪に問われる可能性があるが、裁判官が仕事として人を殺してしまっても(=死刑)罪には問われない、ことが書かれています。この方の他にも有名なドクターが異口同音だが似たようなことを書いているのもありました。

他、「足利事件(スペース)業務上過失致死」で、検索するとけっこう意見がでています。

だから、死刑の賛成の裁判員はそのくらいの信念がないといけないと思います。
自分は死刑執行のボタンを押すわけではない。現場を見るワケではない。
汚くなった死体の後片付けをするわけでもない。
他人まかせ。

これほど、楽なことはありません!。

人間というのは、自分の知らないところで何が行われようと
たしかに衝撃は感じないものだからです。
これもしごく当然。


現実的にはボタンを押すことはできませんが・・。
小便・目の玉が飛び出ているかもしれません。
それを見るくらいの、あるいは、死体処理ができるくらいの根性・信念。

(犯罪者であろうとも)人を殺すということは大変なことです。

おそらく、平気で出来る人は、
被害者の家族くらいでしょう。
なにせ、うらみはあると思いますので・・。

仮に、仮にですが、
代替犯人(= 冤罪者、無実の人)であったとしても
被害者家族としては、
たとえ、真犯人が別にいたとしても
代替犯人を敵視することによってすっきりするでしょう。
仮に、真犯人は陰で笑っていたとしても・・。

馬鹿をみるのは、冤罪者です。

足利事件の菅谷さんを例にして・・・
その賠償金は約8000万円。
安い!。人生を棒にふってしまったにしては安い。
当時の裁判官・検察官・警察官は年老いた時の年金で楽な人生・・。
それに対しては冤罪者は安い。安すぎる。
8億円、8兆円レベルでも良いかと思ってしまいます。

もしも、飯塚事件はまだはっきりしていないのでここではパスしますが、
イギリスのエバンス事件レベルの冤罪で死刑では
8京円以上レベルの賠償金にしてもまだものたりないかと思ってしまいます。
死刑さえしても良いかとも思ってしまいます。書いていて反対ですが・・。(今の死刑は報復の意味もあるらしいので、その理屈から言えばですが・・)。

すっきりするのは、被害者家族と、
追い込んだ検察・・、
そして、真犯人。

良い検察官も多数いるのでしょうけど、
悪いのもけっこういるからなー。
警察に、この証拠は削除するように・・といった
今日の事例(某時刻に被疑者が寝ていたことの部分を削除するように・・と指示)をみると
本当に信用できなくなります(2010年12月22日NHKテレビ情報による)。
真実の追及ではなくて、犯人を作り上げる(=犯人製造組織では困る)のでは
困ってしまいますよー。

でも情報公開があったことは良いことと思います。
日本国が良い方向に進んでいるかなと思っています。
某国のように何でもかんでも秘密では国の進歩はありません。

まぁ、被害者家族の中には、死刑廃止論者はいるので
この限りにおいては例外ですが・・。

・・・とここまで、書いてきましたが、

でも世の中は広い。

いろいろな人間がいます。

世間には、SとMと呼ばれる人間がいます。

人を殺すことが楽しいとなった人・・
こんなのが、裁判官・検察官・警察官・刑務官に
仮に、仮に、仮にいたとしたら
これは最悪・・。

犯罪者はここでは除きます。

昔の時代でいえば、超大物の、旧ドイツのヒトラーなどその
典型的人物でしょう。
仕事が天性ともいえて、本人は幸せでしょう。
法律に沿ってことを進めていくわけですから・・。
今の日本人にはいないと思いますが、
でも・・、わかりません・・。
これだけ、人間が多数いるわけですから・・。
そういう人が、選ばれた人が、頭が良ければ最悪な結果も招きます。
その場合は最悪です。
いないことを強く祈ります。

ちなみに、私はイヤですが・・。

人が死ぬのは過去、病気レベルでもとてもつらくイヤでした。

ですから、たとえ、犯罪者であっても・・。

まかり間違って昨今の検察(無実の人を自分ら出世の為にでっちあげる、前田恒彦・他関わる佐賀元明副部長・大坪弘道前特捜部長)・警察などの事件のニュースをみていると
もしも、冤罪であったならば、なおさら
地獄に自分もいってしまう感覚に陥ってしまいます。
私は度胸がないものでして・・。 )

当人はいつまでも悩んで病気になっても
まわりは相手にしてくれません。

他人事と割り切ってしまう人であれば問題はありませんが・・。
まぁ、こういう人ってけっこう多いでしょう。
自分は関係ない、と。

人の良い善人の人間であればあるほど(病気の)リスクは高まるかと思います。
冷たいくらいの人間の方が得だなー、とも思ったりもします。

プロの裁判官ですら、死刑となるとかなりのプレッシャーとなるのですから
素人の裁判員であれば、なおさらです。
しかも、たいした金をもらうわけでないのに・・。
(会計の世界は金換算です)。
しかも、裁判員休暇もない。大切な有給休暇を使います。

精神的病気をもらってしまうかもしれません。
場合によっては一生!・・。

ところで、各ブログを読んでいて
ここでリンクしても良いかなと思ったところを記載してみました。
・ウラにはウラがある 
・デスノートのアニメで学べること
・羊、吠える 

・そうたの日記

・死刑制度は必要か 


・・・とまぁ、リンクしました。
裁判員については、
やってみたい人もいるだろうし、
逆に(仕事などを犠牲にしてまで)したくないという人もいるでしょう。

いろいろな人がいます。

東京新聞2010年10月17日に以下の記事が載っていました。

タイトルは、廃止論者扱いは?全面否認の被告も
死刑適否迫られる裁判員

選任の際、裁判所は、不公平な判断をする恐れのある候補者を外すことができる。
問題は死刑廃止論者の扱いだ。

最高裁は、三年前、候補者への質問例として「絶対に死刑を選択しないと決めているか」など、
死刑を下せるかを判断する材料を各地裁に示した。

最高裁幹部は、
「死刑制度の是非ではなく、法に従って判断できる人か見極める必要があるのでは
」と話す。

しかし、現場からは、異論も。

ベテラン裁判官は、
「内心の問題に踏み込むと、際限がなくなる。宗教上の理由で死刑を下せない人には辞退を認めるべきだが、単なる死刑廃止論者を排除する必要はない」と話す。

裁判員になりたくない人って、実際多いかと思います。

この伝でいうと、それにそって質問の答えていけば良いことになるわけです。
心が本当であろうが嘘であろうが・・ですが・・。

今回の裁判・・
林被告は反省をしているという。

内心は別として・・

もしも、これで死刑となると・・

今後この手の事件は発生するかと思いますが・・
その時、犯人はこの事例が記憶にあったならば・・

多くの、いや少数であろうでしょうが、そのなりうるだろう国民は、
本当に反省しても死刑になるのであるのならば
たとえ、本当に反省していたとしても
裁判でのたてまえでは、反省もしないかもしれない。
どうせ・・死刑になるのであろうから・・。
上記、リンクのブログにありましたが・・。
・・・・
難しい問題ですね。

人を殺すことはいけないと法律で決められています。
しかし、(法によっての)人を殺すことは法律で許可されています。
矛盾・・。
・・・

鹿児島老夫婦殺人事件の裁判が2010年12月に行われました。
とても気になっていた事件です。
状況証拠のみでの起訴でした。
死刑か無罪か・・。
結果は無罪となりました。

世の中には偶然が重なるということがまれにあります。

そんな馬鹿な・・
・・ですが、事実のテレビ番組はあります。(テレビ番組が嘘であれば別ですが)現実です。

偶然が重なり命が助かったとか、逆に命を失ったとか・・。

その例として、
フジテレビ「奇跡体験!アンビリバブー」、日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」、日本テレビ「世界まる見え!テレビ特捜部」などあります。
これらテレビ番組は、奇跡や偶然の絡んだテレビ番組であります。
これさえも、否定することになってしまいます。

私たちの人生は偶然の重なり合い、
この人と結婚して、この会社に正社員・パート無関係で入社して
某人と出会う。
これもまた、偶然です。
人生は偶然の重なり合いです。
点と点の重なり合いです。

昨今、ようやく裁判が少しずつまともに
まってきたような感があります。
裁判官と検察官のタッグというイメージが
以前より私の心の中では崩れつつあります。
個人対個人と、個人対国家においても・・。

裁判官にも出身畑ということを聞いたことがあります。
つまり、裁判官畑の方、検察出身畑の方、弁護士出身の方があるらしいです。
この出身畑によっても、裁判の行方が変わるようです。
本当は、理想を言えば出身畑は関係はないのかと思うのですが、
でも現実はというと、出身畑によって変わっていくのでしょう。
残念なことですが、これが人間ということなのでしょう。
それによって、裁かれる人間・団体、そして、被害者家族も心の動揺をするのでしょう。
・・・
残念なことです。
所詮は人間なのです。
各国によって・・。人によって・・。


昨今とは、足利事件or飯塚事件(黒(裁判上は黒なのだが・・)か白なのか、気になるなー。証拠の試料ももうないようだが・・。どうも気になるなー)あたりから気のせいか変わってきたような気がします・・。

裁判員制度も関係があるのかもしれませんね。

ここでリンクはしません(リンクフリーだそうですが、報告をするようなので、リンクはしません。皆様、ご興味がある方は自ら調べてみて下さい)が、
下記 のようなサイトがあります。

→ 日本弁護士連合会;死刑を考える

裁判において、
嫌いな言葉があります。

状況証拠のみ・・とか、
直接的証拠なし・・とか、
それで、起訴です。

物的証拠を出してよ!
直接の証拠を出してよ!
です。

もっとも、足利事件にみるように
当時のいい加減なDNA鑑定(ちなみに飯塚事件もDNA鑑定において同じ技官 → 表面上、黒で死刑。しかし、黒か白は実際わかりませんが・・)もありましたが・・

また、昨今の検察・警察のいい加減な問題のニュース・・
「はーっ、とため息をついてしまいます。」
はたまた、大阪府警東警察署での取り調べ問答・・
まるで、暴力団!転職してもいいかも・・ね


実際、犯罪をしたかどうかは、私にはわかりません。
ただ、この事実、取り調べの仕方ははたしかでした。
録音です。録音レベルですらこんな状況です。
録画だったらもっと真実がわかります。

個人的には、全面録画録音は必要と感じます!。
あとあとの裁判においての真実!での証拠においても・・。
一部録画録音では意味がないと思っています。
何故ならば、テレビの録画に見られるように
一部カットでは都合の良いように編集されてしまうからです。
権力者側に有利です。

まぁ、芸能人の皆様はご存じかと思いますが・・。

昔の江戸時代のよう。

現代はムチでうつようなことはしないだろうけど・・。

あっ、あった。思い出した。

最近では、知っている人は知っている、
CIA(アメリカ中央情報局)の拷問。
たしか、オバマ大統領が発表したと思うのですが・・。
虫・水によるスパイと思われる人にに対する拷問・・。
アルカイダ関連だったかな(?)
シビアですなー。

まぁ、オバマさんは立派と思います・・・・・。
私個人的には好きな大統領です。
私は政治に関してはうといですが、

旧共和党政権よりは、福祉・人間平等に思いがある政権かな?と思っています。

今の日本国の民主党もそうかも(?)と思っています。
但し、それがイコール 支持しているかどうかは別です・・。

ただ、旧金持ち優遇(?)自民党政権よりは、少しは、進歩したかも・・という気持ちです。
自民党はけっして悪い政権とは思っていません・・けどね。

これからが双方、勝負です。
他、日本国を良くする勢力にも期待しています。
悪くする勢力はいらないです。

昔、旧ドイツ。ヒットラーが誕生した時、
景気は悪くなっていた時だったと思いますが・・。
それを利用しての誕生・・。
悲劇の始まりでした。悪い勢力の誕生でした。

・・・。

わかりませんが・・。

・・・。

話がとてもとても飛んでしまった。しまった。

「はけ!ええーい。打て打つのじゃ。吐くまで!」
これと似たような状況ではないですか・・。

江戸時代ではないのですよ!
もっと、近代的に調べてほしい。

関係者の信用・信頼は失墜です。
裁判員制度が始まり、なおさらです。

リンク:街の弁護士日記
リンク:人権は国境を越えて
リンク:裁判員裁判
リンク:切り捨て御免
リンク:とんびの夢はRock&Sexyな弁護士 
リンク:人間は考えても無駄である
リンク:ネコロンボの独り言


リンク:Because It's There 「死刑廃止なくして裁判員制度なし」〜団藤重光・元最高裁判事に聞く(朝日新聞)

上記リンクとも関連がありますが、

・・・死刑制度反対である
もう後のない・裁判のない一番上の裁判官の中には、
日本国民が死刑を望んでいる・・とはいえ、
もしも私がその立場の裁判官であったならば
「こっちは、求刑を下す立場だ。この死刑制度はもういいかげん勘弁してほしいな。」
おまえら、やってみろよ、他人まかせだから困るよな、と言いたくなるかもしれません。

この裁判員制度は、今度は自分の身をもって、
進んでいきます。
今までは、どうせ自分が判決を求刑するわけではないし、
裁判官まかせ・・
これほど、楽なことはありません。
まぁ、自分勝手な人間ほど楽かもしれません
(言いたいことを言っている人間ほど気楽なことはありません)。

いや、この言葉は適切ではないですね。

イヤなことは他人まかせ
人間、これほど楽なことはありません。

裁判員制度・・

死刑について、今度は国民一人ひとりが真剣に考えていくように
なっていく仕組みなのかもしれませんね。

裁判官・検察官・弁護士・法務大臣まかせでない
他人事でない法整備の方向に向かっていくのかもしれませんね。

・・とはいえ、裁判員にはなりたくないですが・・。

私が法務大臣だったら、右から左へ死刑執行のハンコを
ドンドン押した過去の某法務大臣のようにはなりたくないものです。
まぁ、能力がないのでそういうことは、そのポジションにはなりえませんけど・・

本当・・・犯罪のない日本でありたいものです。
犯罪は景気に多分に左右されます。

裁判官・検察官・弁護士になる方々は
皆とはいいませんが、
金持ちの家系と思っています。
能力はあるのでしょうが
現在社会、金がなければ高度な教育は受けられません。
貧乏人の気持ちはわからないでしょう・・。

昔、某国立大学の方を
友達レベルでありましたが、おつきあいをしたことが
ありました。
超エリート。

その時思ったことです。
「勉強をよくした」って言っていました。
たしかに、知識は沢山ありました。

でも、視野が狭いなー、と当時思ってしまった私でした。

だから、・・という訳ではないのですが
庶民のことって、もしかしたら、わからないのかもしれません・・。
それゆえ、結果として、裁判人制度の導入となったのかなー、とも思ってしまいました。

こんな私ですが、夢中になって勉強をした科目がありました。
その一つの科目から、他の科目まで広がっていきました。
ところが、世間一般のことが失われていったことを覚えてきます。

人間って全部はできないのですね。
もっとも、能力のない私でありましたが・・・。
・・・、
特定の分野で一芸が秀でていて
それでいて、世間一般の常識のわかる人って
視野の広い人って・・・。
いるのかな?
あえて、あえて、あえて、・・・いえば
テレビ局関連の人かな???
・・・
わかりませんが・・。
・・・
・・・。

私は金持ちの家系ではありませんでしたが
友人からおぼっちゃん育ちと言われたことが
年齢をいった今でも覚えています。

だから・・
だから・・という言葉は単純ではあるのですが・・




景気をよくして下さいよ。政府様。
犯罪を多くをするも少なくするも政府様次第ですよ。
まぁ、この手の男女関係は別かもしれませんが・・。

私たち人間は、人の痛みを知る努力をしないと・・ね。

はい、本日はこれでおしまいです。

元刑務官が明かす死刑のすべて
モリのアサガオ―新人刑務官と或る死刑囚の物語 (1) (ACTION COMICS)
元刑務官が明かす死刑はいかに執行されるか―実録 死刑囚の処遇から処刑まで

袴田事件 ↓

・裁判官の良心 

美談の男―冤罪袴田事件を裁いた元主任裁判官・熊本典道の秘密

裁かれるのは我なり―袴田事件主任裁判官三十九年目の真実


今回の内容と違うかと思いますが
エンドミュージックです。
トイレの神様(植村花菜)(ユーチューブ)


所詮は他人事・・、自分は無関係・・そのボタンは・・↓


犬たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない (ノンフィクション 知られざる世界)



姉妹サイトPR:
サイト案内板
posted by まっちゃん at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

検察と可視化

大阪地検の前特捜部長らが部下の証拠改ざんを隠したとされる事件・・
その中で、前副部長・佐賀元明容疑者が、
可視化を要求しているといいます。

このニュースを聞いていて思ったことです。

たしか・・、検察は取り調べの全面可視化には反対していると聞いています。

検事である佐賀容疑者が可視化してほしい・・とは・・・。
思ったことは、可視化してもらわないと怖いということなのかなー、と思ってしまいました。

密室では・・、どのようなことをされるかが知っているご本人らしいプロらしい発言でした。

検察のことを一番知っているのは、やはり検事である佐賀容疑者ってことか・・。

私は法律については素人です。
ですが・・、このようなことを見ていますと
やはり出来るだけ早く全面可視化は必要と思います。
冤罪を防ぐためにも・・。真実の追求のためにも・・・。

・・・・

それにしても、前田恒彦容疑者の同僚の(女性)検事さんらがいたことは
今の信用失墜の検察の中(検察も裁判官もあまり信用していなかったですが・・)で、
唯一ホッとしたニュースでした。

まともな検事さんがいた・・。

男って、けっこう職・信用を失うことが怖いので
保守的に、体制に流される傾向にあるかと思います。
サラリーマン社会において、女性が幹部になって、嫌なタイプになってしまう人もいますが、
この同僚検事さんのようにりっぱな人もいることは嬉しくなります。

・・・・

話は飛びまして、

改ざんが過去あったかもしれない。
氷山の一角かもしれない・・・。

前代未聞というけれど、表だったのが前代未聞であったのかもしれない。
表だたなかったのは、過去沢山あったのかもしれない。

それで、冤罪にもかかわらず、犯罪者として豚箱に入っている方もいるかもしれない。
東京新聞にも書いてありましたが、私も異口同音で、

江戸時代の時代劇で、自分の、あるいは、部下の出世の為に
無実の人を、犯罪者として捕まえた・・のでは困ります。

時代劇上でのセリフ ↓ ↓・・

町人「お代官様も悪ですなー」
または、
  「ご老中様も悪ですなー」
・・では、困ります。

ドラマの時代劇では、一応フィクションです、が、・・・。

実際にはあったかもしれません。

時代は繰り返す・・にはなりませんように・・。


最近で有名なのは、足利事件がありました。

冤罪はぜひとも防がなければなりません。

冤罪で死刑となったならば最悪です。
ちなみに、イギリスのエヴァンス事件(冤罪で死刑となったらしい。この後、死刑制度が廃止となった)。
飯塚事件(福岡市)(足利事件同様、当時のDNA鑑定による死刑判決)は、どうなんだろう?

全面可視化を期待したいと思っています。

それと、検察には、何でもかんでも有罪ありき、
それが、出世ありきではなくて、
真実の追求!を期待したいものです。

所詮、人間なんだろうなー。
良い心もあるし、悪い心もあるってことかー。
立場が有利になると
人間というのはこういうものなのかなー。

刑務官役と牢屋に入れられた囚人役の実験で、
あくまで実験ですが、
立場変わると品変わるではないですが、人間というのは
こういうものかー。

たしかに、実験ではそういう結果、
つまり態度の豹変があった事実があるにせよ
・・

弱い者いじめ(=疑われた人間)ではなくて
真実の追求をしていただきたいと思います。

ひヤりハットという言葉が、建設・工事関係であります。
小さな「ヒヤッ」となったことがたび重なると、
やがて大きな事故につながります。
延長線上に大きな事故につながるわけです。

ここのところ、私個人的にですが、どうも
検察
(極論をいうと裁判官含む→ちかん事件で乗車率120%であろうとも満員電車では男性は女性にくっつくなという発言→実際この発言が本当にあったかどうかわかりませんが、ネットで調べてみたらあったので、これもどの程度真実かわかりません。なにせ、ネット上は玉石混交の世界・・・とはいえ、しかし、言ったとしたと思ってしまったので、それから裁判官を信用できなくなってきている私でした。裁判官、常識外れ。満員電車ではそれは無理だろ!乗ったことないの?と思ってしまった私でした→間違っていたらコメント下さい)を、
信用をしてきていなかったのです。
いろいろなニュースを見聞きしてきている中において・・です。

ついに、今回のニュースとなってしまいました。
ひヤりハット→小さな危険が、
やがて、大きな危険となる。
・・・

もしかして、私って占い師にむいている?かと思ってしまいました。

・・飛んでしまいました。失礼しました。

検察・警察はないと困るので・・。

信用される機関であってほしいものです。

警察での事件のチェックは、検察がありますが、
検察でのチェックは、第3のチェック機関が必要かもね。
それでは、その機関も信用失墜ってことになったら・・
と言われてしまうと困るのですが・・。
でも・・、現状、世間で言われているように、必要かもしれません
・・ね。


最後にジョークです。
時代劇の素浪人月影兵庫・花山大吉(近衛十四朗・品川隆二主演)が、
この世にいないと駄目だなー。
冤罪事件多いか・・と思う作品です。
ちなみに、当時、視聴率は高かったです。
たしか、当時NET(現テレビ朝日)では、視聴率1位だったかなー(?)
間違っていないと思うけど違っていたならばコメント下さい。

裏番組も強烈でした。
たしか、記憶によると
TBSで、宇宙家族ロビンソン・クレージーキャッツ・ドリフターズ
だったかなーと思います。
こちらも視聴率は高かったと記憶しています。
ドリフターズは断トツだったかと記憶しています。
間違っていたらコメント下さい。

ハイ、ジョークでした。
この作品好きなんですよねー。
いや、失礼しました。



posted by まっちゃん at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

尖閣諸島事件・日中関係

尖閣諸島中国漁船衝突事件:
中国漁船が日本海上保安庁巡視船に衝突させた事件がありました。
日本側のビデオ公開云々のコメントがあちこちでているようです。

・・・という中、

私の知人で帰化していますが、
(元?)中国の人から聞いた話です。

私は何故あんなに中国の人が怒っているのか不思議でなりませんでした。

これは、また聞きです。
・・ですので、あてにはなりません・・が・・、

その知人の話によると、

・・何でも中国では、
テレビなのかネット上なのか、今一つはっきりしませんが、
中国国内ではビデオ(国営放送??)が流れているそうです。
ちなみに、日本ではビデオは流れていません。

その中国国内のビデオ放送によると
日本巡視船に囲まれて、小さな漁船が波によってぶつかってしまった。
というようです。
これで、中国の人は「大きな船で囲まれ、あおられたら、
小さな船が波によってぶつかってしまっても不思議ではない」というような状況下だ。
・・そこから、領土問題にまで進んでいってしまったような感じらしいです。

繰り返しますが、この情報はあてにはなりません。

知人の話なので、どこまで本当のことやら・・です。

帰化して日本人とはいえ、中国には両親もいます。

本人としてはさぞかし複雑な気持ちでしょう。
あてにはなりませんが、
ちょっと、書いてみました。

posted by まっちゃん at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

テレビ・新聞にのったNPO法人・社会福祉法人

テレビ・新聞にのったNPO法人・社会福祉法人 情報の
ページを
サイト「サイト案内板」内
テレビ・新聞に出たNPO法人(特定非営利活動法人)、社会福祉法人 情報」の
ページを作りました。
よかったら、見に来てくださいね。
posted by まっちゃん at 14:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

(またも)検察の失墜(?)

2010年9月10日ニュース。
〜厚労省文書偽造事件〜
〜郵便料金不正事件〜

村木厚生労働省局長が冤罪となりました。
これは、ニュースのでの画面でみる限りでありますが、
個人的にはどうも冤罪くさいなーと当時思っていました。

あくまで、直感レベルです・・。
ですから、あてにはなりません。

結果、冤罪となりました。

またも、検察の失墜・・(?)

(超)最近は裁判所がようやくまともになりつつあるような感じになってきました。

でも、昔のいろいろな事件はどうなのであろうか?
昔は、検察と裁判所はタッグを組んでいた印象が
無きにしも非ずというイメージでした。
ようやく、ようやく、本当に超最近、
裁判所もまともになりつつあるようになってきたような気がします。

昔、冤罪で牢屋にぶちこまれた人はどうなのかなー(?)

死刑制度云々が問われてきていますが・・


過去、死刑になった人の中には
もしかして冤罪の人もいたかもなー・・

それにしても、検察も
とりあえず、犯人を作り上げる(?)のは
もういいかげん、よしてほしいなー。
でっちあげでない確証のある真実である正しいのがほしい。
エリートの検察。頭でっかちだけでは今の時代は通用しないと思います。
検察か・・、信用したいが、たよりない。
勉強ができただけ・・、それだけ・・。
家族に金があっただけ(=教育水準が上がる)・・、それだけ・・。
心なんてなし・・。
犯人をつくればいい(?)はやめてほしい。

でっちあげはやめてほしいものです。

検察の進歩を期待して
本日はおしまいにしたいと思います。

尚、裁判所は超最近ようやくまともに見えてきました。

取り調べの全面可視化は絶対に必要。
一部では使い物にならない。操作もありうる。
と、あらためて、思いました。

今度こそ、おしまいです。


posted by まっちゃん at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

素浪人月影兵庫

夜23時から時代劇チャンネルで
素浪人月影兵庫を見ています。
眠い時間帯です。
私の掲示板で
書いていますので、
よかったら読んでください。

素浪人花山大吉・素浪人月影兵庫・天下太平掲示板
( http://9318.teacup.com/hanayamadaikiti/bbs )

姉妹サイトPR:
サイト案内板
posted by まっちゃん at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

ブログ「日記一番」を立ち上げた

ついにブログ「日記一番」を立ち上げてしまいました。
今まではブログ「ネットでショッピング」
日記もどきを書いてきたのですが
ネットでショッピングは
文字通りショッピングに関する内容をテーマとしています。
しかし、日記ブログがこれまで
なかったため
ネットでショッピングで書いてきました。
今度からはこのブログ、日記一番で
書いていこうと思っています。
よろしく・・ね。

姉妹サイトPR:
レトルトカレー通販カレーナ 
他もよろしく

posted by まっちゃん at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。