2010年09月10日

(またも)検察の失墜(?)

2010年9月10日ニュース。
〜厚労省文書偽造事件〜
〜郵便料金不正事件〜

村木厚生労働省局長が冤罪となりました。
これは、ニュースのでの画面でみる限りでありますが、
個人的にはどうも冤罪くさいなーと当時思っていました。

あくまで、直感レベルです・・。
ですから、あてにはなりません。

結果、冤罪となりました。

またも、検察の失墜・・(?)

(超)最近は裁判所がようやくまともになりつつあるような感じになってきました。

でも、昔のいろいろな事件はどうなのであろうか?
昔は、検察と裁判所はタッグを組んでいた印象が
無きにしも非ずというイメージでした。
ようやく、ようやく、本当に超最近、
裁判所もまともになりつつあるようになってきたような気がします。

昔、冤罪で牢屋にぶちこまれた人はどうなのかなー(?)

死刑制度云々が問われてきていますが・・


過去、死刑になった人の中には
もしかして冤罪の人もいたかもなー・・

それにしても、検察も
とりあえず、犯人を作り上げる(?)のは
もういいかげん、よしてほしいなー。
でっちあげでない確証のある真実である正しいのがほしい。
エリートの検察。頭でっかちだけでは今の時代は通用しないと思います。
検察か・・、信用したいが、たよりない。
勉強ができただけ・・、それだけ・・。
家族に金があっただけ(=教育水準が上がる)・・、それだけ・・。
心なんてなし・・。
犯人をつくればいい(?)はやめてほしい。

でっちあげはやめてほしいものです。

検察の進歩を期待して
本日はおしまいにしたいと思います。

尚、裁判所は超最近ようやくまともに見えてきました。

取り調べの全面可視化は絶対に必要。
一部では使い物にならない。操作もありうる。
と、あらためて、思いました。

今度こそ、おしまいです。


posted by まっちゃん at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。