2010年10月04日

検察と可視化

大阪地検の前特捜部長らが部下の証拠改ざんを隠したとされる事件・・
その中で、前副部長・佐賀元明容疑者が、
可視化を要求しているといいます。

このニュースを聞いていて思ったことです。

たしか・・、検察は取り調べの全面可視化には反対していると聞いています。

検事である佐賀容疑者が可視化してほしい・・とは・・・。
思ったことは、可視化してもらわないと怖いということなのかなー、と思ってしまいました。

密室では・・、どのようなことをされるかが知っているご本人らしいプロらしい発言でした。

検察のことを一番知っているのは、やはり検事である佐賀容疑者ってことか・・。

私は法律については素人です。
ですが・・、このようなことを見ていますと
やはり出来るだけ早く全面可視化は必要と思います。
冤罪を防ぐためにも・・。真実の追求のためにも・・・。

・・・・

それにしても、前田恒彦容疑者の同僚の(女性)検事さんらがいたことは
今の信用失墜の検察の中(検察も裁判官もあまり信用していなかったですが・・)で、
唯一ホッとしたニュースでした。

まともな検事さんがいた・・。

男って、けっこう職・信用を失うことが怖いので
保守的に、体制に流される傾向にあるかと思います。
サラリーマン社会において、女性が幹部になって、嫌なタイプになってしまう人もいますが、
この同僚検事さんのようにりっぱな人もいることは嬉しくなります。

・・・・

話は飛びまして、

改ざんが過去あったかもしれない。
氷山の一角かもしれない・・・。

前代未聞というけれど、表だったのが前代未聞であったのかもしれない。
表だたなかったのは、過去沢山あったのかもしれない。

それで、冤罪にもかかわらず、犯罪者として豚箱に入っている方もいるかもしれない。
東京新聞にも書いてありましたが、私も異口同音で、

江戸時代の時代劇で、自分の、あるいは、部下の出世の為に
無実の人を、犯罪者として捕まえた・・のでは困ります。

時代劇上でのセリフ ↓ ↓・・

町人「お代官様も悪ですなー」
または、
  「ご老中様も悪ですなー」
・・では、困ります。

ドラマの時代劇では、一応フィクションです、が、・・・。

実際にはあったかもしれません。

時代は繰り返す・・にはなりませんように・・。


最近で有名なのは、足利事件がありました。

冤罪はぜひとも防がなければなりません。

冤罪で死刑となったならば最悪です。
ちなみに、イギリスのエヴァンス事件(冤罪で死刑となったらしい。この後、死刑制度が廃止となった)。
飯塚事件(福岡市)(足利事件同様、当時のDNA鑑定による死刑判決)は、どうなんだろう?

全面可視化を期待したいと思っています。

それと、検察には、何でもかんでも有罪ありき、
それが、出世ありきではなくて、
真実の追求!を期待したいものです。

所詮、人間なんだろうなー。
良い心もあるし、悪い心もあるってことかー。
立場が有利になると
人間というのはこういうものなのかなー。

刑務官役と牢屋に入れられた囚人役の実験で、
あくまで実験ですが、
立場変わると品変わるではないですが、人間というのは
こういうものかー。

たしかに、実験ではそういう結果、
つまり態度の豹変があった事実があるにせよ
・・

弱い者いじめ(=疑われた人間)ではなくて
真実の追求をしていただきたいと思います。

ひヤりハットという言葉が、建設・工事関係であります。
小さな「ヒヤッ」となったことがたび重なると、
やがて大きな事故につながります。
延長線上に大きな事故につながるわけです。

ここのところ、私個人的にですが、どうも
検察
(極論をいうと裁判官含む→ちかん事件で乗車率120%であろうとも満員電車では男性は女性にくっつくなという発言→実際この発言が本当にあったかどうかわかりませんが、ネットで調べてみたらあったので、これもどの程度真実かわかりません。なにせ、ネット上は玉石混交の世界・・・とはいえ、しかし、言ったとしたと思ってしまったので、それから裁判官を信用できなくなってきている私でした。裁判官、常識外れ。満員電車ではそれは無理だろ!乗ったことないの?と思ってしまった私でした→間違っていたらコメント下さい)を、
信用をしてきていなかったのです。
いろいろなニュースを見聞きしてきている中において・・です。

ついに、今回のニュースとなってしまいました。
ひヤりハット→小さな危険が、
やがて、大きな危険となる。
・・・

もしかして、私って占い師にむいている?かと思ってしまいました。

・・飛んでしまいました。失礼しました。

検察・警察はないと困るので・・。

信用される機関であってほしいものです。

警察での事件のチェックは、検察がありますが、
検察でのチェックは、第3のチェック機関が必要かもね。
それでは、その機関も信用失墜ってことになったら・・
と言われてしまうと困るのですが・・。
でも・・、現状、世間で言われているように、必要かもしれません
・・ね。


最後にジョークです。
時代劇の素浪人月影兵庫・花山大吉(近衛十四朗・品川隆二主演)が、
この世にいないと駄目だなー。
冤罪事件多いか・・と思う作品です。
ちなみに、当時、視聴率は高かったです。
たしか、当時NET(現テレビ朝日)では、視聴率1位だったかなー(?)
間違っていないと思うけど違っていたならばコメント下さい。

裏番組も強烈でした。
たしか、記憶によると
TBSで、宇宙家族ロビンソン・クレージーキャッツ・ドリフターズ
だったかなーと思います。
こちらも視聴率は高かったと記憶しています。
ドリフターズは断トツだったかと記憶しています。
間違っていたらコメント下さい。

ハイ、ジョークでした。
この作品好きなんですよねー。
いや、失礼しました。



posted by まっちゃん at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。